ブルーベリーとは

目に良いと言われるブルーベリー

第二次世界大戦中のイギリス空軍のパイロットがあることに気づきました。パンにたっぷりブルーベリージャムを付けて食べていたところ、夜間の空中戦でも敵がよく見えるようになったのです。この報告によって、ブルーベリーの目への効果が検討され、研究の結果ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良い効果をもたらすことが確認されました。
日本では、大阪外国語大学保険管理センターの梶本修身氏や葉山眼科クリニックの葉山隆一医師らの研究でよりいっそうブルーベリーの効果がクローズアップされるようになりました。

目にいい成分「アントシアニン」

ブルーベリーのきれいな青い実は、「アントシアニン」という色素でできています。そして、「アントシアニン」こそが目に良い効果をもたらす物質なのです。では、「アントシアニン」はなぜ目に良いのでしょう。
目はカメラのような構造をしています。物を見る時には、光として認識し、瞳を通して入ってきた光は網膜に像を写し出します。この網膜にはかなり薄い膜の層がありその表面に「ロドプシン」という色素があります。網膜ではロドプシンが壊れ、再生するという再合成がくり返されています。その働きを助けるのがアントシアニンです。ロドプシンのはたらきが鈍ると物が見えにくくなったり、視界が曇ったり、チカチカするなどの症状が出て眼精疲労が進んでしまいます。

目からくる疲労

現代人は便利な生活を享受する変わりに、ますます目を使う環境が増えています。車を運転したり、テレビやビデオを見たり、パソコンを使ったり、携帯電話でメールを出したり。昔に比べますます目を酷使した生活をしています。子供達もテレビゲームの影響などで、近視が増えているという報告があります。目は疲労度や年齢に伴って、どんどんと衰えていくものです。目を酷使することは、眼精疲労だけでなく体へもさまざまな影響があります。さらにそれが進めば近視・遠視・白内障・緑内障といった目に深刻な症状を引き起こすのです。

ブルーベリーの効用

梶本修身氏らの研究によると、眼精疲労を訴える患者にブルーベリーエキスを一日量62.5mg使用したところ、眼の疲れや痛みが軽減など有効であったという報告があります。また、一日量アントシアニン量として37.5mgで9-12歳までの有名進学塾に通う小学生に8週間投与したところ、視力回復効果、眼の疲労感の自覚症状の改善に有効であることが報告されています。
葉山隆一医師が来院者を対象にした臨床実験では、ブルーベリーエキスを1日3回、朝晩2粒づつ飲んでもらい3ヶ月間試したところ、眼精疲労と遠視はほぼ100%、近視は7割が改善されたとのことです。
「わかさ医学研究班」によるとブルーベリーは白内障にも大きな効果があるとのことで、「抗酸化力が野菜や果実の中でも横綱級のブルーベリーで白内障の直る人が多い」という記事には次のように記述されています。

白内障の人の9割以上に効果があった

ブルーベリーは、山野に自生するコケモモやシャシャンポなどと同じツツジ科の植物で、6~9月に香り豊かな甘酸っぱい果実を結びます。この果実に含まれるアントシアニンという植物色素が、ビタミンEの数倍もの抗酸化作用を持つことがわかっているのです。
鹿児島大学名誉教授の伊藤三郎博士は、次のように語ります。
「ブルーベリーの抗酸化作用については、アメリカ国務省人間栄養研究センターのドナルド博士の研究データがあります。それによると、アメリカ産の43種類の果実と野菜の抗酸化作用を調べたところ、ブルーベリーが群を抜いて、第一位だったと報告されています。ちなみに、第二位はブラックベリー(木イチゴの一種)で、第三位がニンニクでした。」
この研究で調べられた43種類の野菜と果実は、アメリカはもとより、日本でもごく日常的に食べられているものばかりです。その中でブルーベリーは、まさに横綱級の抗酸化作用を示したのです。
「私は、この研究がスタートした当時、ブルーベリーが5番以内に入るだろうということは確信していました。しかし、群を抜いて第一位だったというのは正直驚かされました。」と、伊藤博士は言います。

協力な抗酸化作用があるブルーベリーは、当然、白内障に対しても大きな効果が期待できます。すでにヨーロッパでは、白内障の治療にブルーベリーを素材にした医薬品が使われていて、次のような成果も出ています。
50人の患者さんに、アントシアニンを含む薬剤を1日200~400ミリグラムずつ、5ヶ月間にわたって与えたところ、90%以上の患者さんの白内障の進行が、明らかに抑えられたというのです。
手術をする以外に決定的な治療法はないとされている白内障に対して、これほど大きな成果が見られたことは特筆に値します。
また、日本でも、ブルーベリーを日常的にとっている人の中には、白内障の進行が止まった、白内障による視力の低下やかすみ目が治った、という声が多く聞かれます。また、この特集の別の記事にありますが、「ブルーベリーのおかげで白内障が消えた」という人までいるのです。
高齢化社会を迎え、今後ますます白内障になる人が増えると予想される中、ブルーベリーは大変心強い見方といえるでしょう。

このほか、ブルーベリーは老化防止にも効くと言われ、ほかにも毛細血管を強くする効果、血栓症や動脈効果の予防、発ガン予防効果などが報告されています。これらはいずれもブルーベリーに含まれる、アントシアニンなどのポリフェノール類が持つ抗酸化作用によるものとされています。いずれにしても健康食品としても脚光を浴びているブルーベリーを上手に使って、より健康な生活を送りましょう。